忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/25 07:55 |
あの科学と学習のアレ
「科学と学習」という本をご存知でしょうか


「学研の~おばちゃんまだかな~」のアレ。

あさりよしとおが、「まんがサイエンス」を連載してたアレ。


アレを私も昔読んでいて、脳みそが理系特化したような錯覚を覚えたものですが、
アレに連載されていたのは何も巻末の「まんがサイエンス」だけではなくて、
数学のパズルや宇宙、科学全般を題材とした漫画が3~4本位載ってた気がします。

子供に科学に興味をもってもらう教材的な位置づけなので、基本に忠実な
カッチリとした漫画が多かったと思います。


そんな中でタイトルは覚えてないのですが


「子供が何故か犬になって、親を探す旅をして、最終的に死ぬ」


というような感じの漫画が載ってた気がするんですが、

科学も子供向けっぽさも無い所を見ると、


気のせいだったんでしょうか。
PR

2010/03/15 21:08 | Comments(2) | TrackBack(0) | どうでもいい

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

初めまして^^

小学生の頃、学校の玄関先の廊下で売っていたのを
今でも覚えてますよー^^

どっちを買うかは付録で選んでましたw

まんがサイエンス…ちょっと覚えてないですねー…;

私が印象に残ったまんがの内容は、子供が生まれたての子犬を
育てると言って面倒を見ていたものの、子犬の容態が悪くなり、
おたおたしていたところ、子供の父親が子犬のおしりを濡れた
タオルで拭いて便を促してやった。そして父親が、「命を育てる
というのは遊びじゃないんだ!」みたいな事を言う漫画。

タイトルすら覚えていませんが、何故かそのシーンが未だに
忘れられないのですよねー…。

子供っぽくない内容、と言えばそうなのかもしれませんが、
「命」、「大切な物」等を描くような作品は、本当は若い
時に読むのが良いのかもしれませんね。

だからこそ心に残り、忘れない物になるのではないでしょうか^^

お初なのに長々とすみません…;
posted by 山茶花 at 2010/04/13 18:23 [ コメントを修正する ]
どうもどうも初めまして、

どうやら学校での直販をやってた時期は「まんがサイエンス」連載してなかったみたいです、残念。

今でも欲しいんですが古本屋とかでそうそう売ってるシロモノではないので微妙に手がでません、残念。
posted by 凹介 at 2010/04/17 13:29 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<今更!凹介漫画ができるまで | HOME | ゲームは宿題やってからの掟をちゃんと守れる子を育てましょう>>
忍者ブログ[PR]